第四章 CMSで解決できる悩み

CMSはWebサイト管理者の悩みを解決します

Webサイトの運営を行う場合には多くの悩みがあります。
今回はWebサイト管理者にとってCMSで解決される悩みをご紹介します。

「いつ、誰が、何をしたか」が把握できていない

Webサイト管理者は、Webサイトの更新過程は常に把握しておく必要があります。万が一何か事故が起こった場合、その原因究明は管理者の責務です。
CMSは「いつ、誰が、何をしたか」をログで記録しているので、万が一の際も安心です。

外注費の増大に対して予算確保が難しい

Webサイトの更新を外部に委託している場合、そのコストは計り知れません。
CMSは社内メンバーでのWebサイト更新を実現するため、運用コストを最小限に抑えます。

Webサイトリニューアルに多大なコストが掛かり、予算の申請が通らない

定期的に行うWebサイトのリニューアル。その予算を確保するにも一苦労です。
CMSで作成されたWebサイトはテンプレートやパーツの変更でリニューアルが可能な為、リニューアルに掛かるコストを大幅に削減することが可能となります。

更新許可(承認作業)が定型化されていない

Webサイトの更新内容は確認する必要がありますが、その確認方法に苦労されている方も多いです。
CMSには承認フロー(ワークフロー)機能があり、コンテンツ作成が行われた際、Webサイト更新前に予め設定された承認者に、自動で確認依頼を行うことができます。それにより、責任あるWebサイト更新を実現できます。

Webサイトのガイドラインが時間経過と共に保てなくなる

Webサイトのガイドラインは存在しても、人の手で更新作業を重ねていくうちにルールから逸脱していってしまう傾向があります。
CMSではガイドラインは全てテンプレートに収めてしまい、更新者はコンテンツ入力に注力しますので、長期に渡り、ガイドラインを保ち続けることが可能となります。

Webサイトの更新履歴が管理されていない

Webサイトの更新履歴を人の手で管理するのは一苦労です。
CMSではバックアップを管理していますので「あの時のあの状態に戻したい」というリクエストにも応えることができます。また、現在のページと比較して「どの部分が今とどう違うのか」を、マーキングから知ることが可能です。

コンテンツ更新者が常に入れ替わり、その度に教育が必要となってしまう

コンテンツ更新者は社員が行うとは限りません。派遣やアルバイトもその対象です。
担当者が変わる度に作業方法を教える時間を要したり、パフォーマンスが下がってしまう懸念がありますが、CMSだと内容を入力して登録をするだけ。無駄な時間や心配ごとが大きく払拭されます。

更新対象が多岐にわたり、パワーが足りない

今や単純なPC版のWebサイト運用だけでなく、RSSや印刷用ページ、携帯サイトなども作成対象となります。一つの情報をそれぞれに更新反映するにはそれなりの人手が必要です。
CMSは「ワンソースマルチユース」ですので、一度のコンテンツ更新で、複数対象への反映が可能となり、時間と工数が大きく削減されます。

※株式会社のれん、ならびにグループ会社の株式会社アシストの担当者よりご連絡させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※メールアドレスを間違えて入力され、資料のご案内ができないケースが増えております。入力間違いにはくれぐれもお気をつけて下さい。


NORENに関する お申し込み・お問い合わせはこちら
資料請求・デモのご依頼など

ページトップへ