第九章 簡単・シンプルなCMSとは

ファイル単位でWebサイトを管理する簡単・シンプルなCMS

CMSには複数の種類があることを第二章 でご説明しました。
昨今では、Webコンテンツ管理システム(WCM)といわれるタイプのCMSが主流となっており、テンプレートを利用しWebページの生成を行うものが一般的です。テンプレートの存在により、定型化されたWebページの大量生産と、サイト全体のブランディングやガバナンスが高いレベルで両立できるようになりました。これがCMSを導入する主目的であり、運用後も続くメリットであるはずです。つまり、企業を問わず、簡単・シンプルで使いやすいCMSが求められています。
しかしながらテンプレート開発には、導入前にある程度の調査分析が必要であることと、相応の制作期間を必要とします。また制作会社から納品される制作成果物(Html、画像ファイル)単位で管理をしており、テンプレートベースの管理が不要な場合もあります。
そのような企業にお薦めのCMSが、テンプレート開発が不要でWebページ(コンテンツ)をファイル単位で管理する『簡単・シンプルなCMS』です。これは、「Webサイトのディレクトリ構造ごと、WebページのファイルをそのままCMS管理下に取り込む」というタイプの製品です。
この方法だと、「購入後、数日でCMS運用が開始できる!」という超短期導入も可能なCMSです。
では、「ファイル単位でWebサイトを管理する」「数日でCMS運用が開始できる」とは実際にはどんなものでしょうか?

どのようにWebサイトを運用するかがCMS選定のポイント

テンプレート利用型CMSの導入メリットの中でも「誰でもWebサイトを更新できる」という点は、とても大きなポイントです。CMSを導入することで、HTMLを知らない現場の担当者でも簡単にWebページの更新作業が可能になることは、自前でWebサイトを運用するための重要な一歩です。自分たちで更新し、公開することで自ずからコンテンツに愛着心が湧きますので、自然と情報の鮮度が高まり、Webサイト全体が充実していくというメリットもあります。
しかし、一般的なテンプレート利用型のどのCMSにも共通していることは、CMSを利用する事前準備としてテンプレート作成が必要であり、テンプレートがあるからこそHTMLの知識を問わず誰でもWebページが更新できるというメリット・デメリットが表裏一体といった関係性です。

また、場合によってはテンプレートでWebページを定型化するのが不適切なケースもあります。
 ・社内にWebページを作成できるメンバーがいて、自由にWebページを作れる仕組みがある
 ・キャンペーンサイトなど一時的に公開するWebサイトであり、都度違うデザインのWebページを作りたい
 ・Webページの作成を外注または委託していて、完成したWebページはファイルで納品してもらっている

上記のいずれかに該当する場合、定型化されたWebページを量産する必要がなく、その都度自由なレイアウトでページを作るほうがよいのです。つまり、このような運用スタイルの場合には、CMS自体は必要ですが、テンプレートを準備する必要は無いのです。
一般的にテンプレート利用型のCMS導入で一番工数がかかるのは、テンプレート準備段階の調査分析/制作期間になるため、これらの作業を一気に省けることになると、大幅にCMS導入の工数と負担が軽減できることになります。
それが『簡単・シンプルなCMS』と表現されるゆえんなのです。
このようにWebサイトの運用形態を明確にすることで、自社で導入すべきCMSのタイプが「Webページ生成+Webサイト管理=テンプレート利用型CMS」なのか、「ファイル単位のWebサイト管理=簡単・シンプルなCMS」なのかを選び分けることができます。

つまり『簡単・シンプルなCMS』とは

つまり『簡単・シンプルなCMS』というのは、ファイル化されたコンテンツ(Webページ)を効率的に管理するシステムと言えます。CMS導入の目的がWebページを作成することではなく、Webサイトの膨大なコンテンツ(Webページのファイル)を管理したい企業に適したCMSなのです。

ではテンプレート化せずにWebサイトのコンテンツを管理をする場合、どのような機能が必要でしょうか。
 ・Webページのバックアップ(スナップショット)
 ・Webページのスケジュール更新(掲示開始日/掲示終了日)
 ・Webページ更新の履歴管理(バージョン管理)
 ・Webページ更新のための承認システム(承認フロー)
 ・Webページ更新者の権限設定(アクセス権設定) など

テンプレート利用型のCMSと異なりWebページの生成は行わないもののWebサイトを管理を行うという点では、CMSに求められる機能は、テンプレート利用型CMSも簡単・シンプルなCMSも同じですね。
管理するコンテンツが、テンプレートが分離されたコンテンツか、Webページとして完成したファイルであるかの違いで、どちらのCMSも、Webサイト運営の負荷やヒューマンエラーを軽減したりと、総合的にWebコンテンツを管理してマネジメントしていきます。
CMSはWebサイト運用の要となるインフラであり、プラットフォームとなるものです。自社のWeb運用スタイルを正確に見極めて、間違いの無いCMS選びを実現してください。

※のれんではテンプレート利用型のCMSは「NOREN Content Server 」、ファイル単位で管理する簡単・シンプルなCMSが「NOREN Deploy Server 」にあたります。
体験セミナー では実機に触れて、それぞれの操作性をご確認いただくことができます。ぜひご参加ください。

※株式会社のれん、ならびにグループ会社の株式会社アシストの担当者よりご連絡させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※メールアドレスを間違えて入力され、資料のご案内ができないケースが増えております。入力間違いにはくれぐれもお気をつけて下さい。


NORENに関する お申し込み・お問い合わせはこちら
資料請求・デモのご依頼など

ページトップへ