のれん / NORENを選んだ理由

日本旅行は、旅行会社として、国内最大級のWebコンテンツ量を有しています。そして旅行という商品の特徴、その特徴ゆえにWebサイト管理の課題を抱えられていました。
Webサイトでの情報公開のスピードと品質の競争が激化する時代に、トップクラス企業であり続けるために2011年CMSを導入。当時、比較検討されていた3つのCMS製品から、なぜNORENを選ばれたのか、その理由をEC推進チーム システム担当 樋口慎三氏に伺いました。

NORENに決めた理由は?

Web担当者が苦労して更新していたキャンペーンサイトを見て、のれん(当時、アシスト)の担当者は、打ち合わせからわずか数日間で望みどおりのサンプルデモをご用意いただいたので、NOREN導入後の運用をイメージできました。

複雑な構成を持たねばならない旅行商品のWebページを、かつて日本旅行では、手作業で更新していました。
「夏の東北温泉巡り」というコンテンツをアップしたら、「新着情報」、「夏休み特集」、「東北特集」からもリンクが貼られるよう、手で書き換えていました。
そして「夏の東北温泉巡り」の旅行が終わったら、「新着情報」、「夏休み特集」、「東北特集」から手作業でリンクを削除していました。
しかし、このような複雑な作業を手作業で行うのは、やはり無理があります。担当者は、リンク管理が貫徹できるよう努力はしていましたが、正直なところ、わけがわからなくなっていた部分も多分にありました。この状況を解決するために、CMSを導入し、静的コンテンツの効率管理を図ることを決めた経緯があります。


最終的にNORENを選んだ理由は、「実装が簡単そうだった」からですね。

検討時にNORENともう一つの製品(製品A)が、「ワンソース・マルチユースの実装」を満たしており、且つ、価格その他の点で妥当でした。
最終的にどちらの製品が、ワンソース・マルチユースを「より簡単に実装できるか」という観点で比較したところ、先ず製品Aは、実装手順がドキュメントベースでなかなか複雑であり、「できるだろうけれど、結構カスタマイズの手間もかかりそうだな」という印象がありました。
一方NORENの方は、担当SEの人に実装手順について質問すると、「じゃあ、今度、デモ持ってきますから」と、軽いノリで返事があり、次の打ち合わせの 時に本当にデモを持ってきました。デモがこんなに簡単に作れるのなら、実際の実装もきっと簡単なのだろうと思えました。
結局、この実装の単純さが決め手となり、NORENの導入が決定しました。


日本旅行のWeb管理はNORENのおかげで大きく改善されました。今後も、日本旅行は、自社のWebサイトを、より一層、お客様に分かりやすく使いやすくなるよう進化させていきたいと考えています。NORENも、さらにバージョンアップを重ね、より一層使いやすい製品へと進化していってください。期待しています。

NORENに関する お申し込み・お問い合わせはこちら
資料請求・デモのご依頼など

ページトップへ