第六回技術情報提供会開催レポート

運用の課題を解決!
  ~コンテンツハブでできること~
目指せアクションタグマスター!
  ~第3回 アクションタグ選手権~

10月11日、のれん本社(市ヶ谷)にて、「第6回 技術情報提供会」を開催し、29名のユーザ様、パートナー様がご参加くださいました。
毎回ご参加くださる方や、今回初めてご参加くださる方からも、「勉強になった」「楽しく学べた」などのお声を頂戴するなど、ご来場頂いた皆様には大変ご満足頂き、満足度100%の評価を頂きました!

【プログラム概要】

・コンテンツハブでできること
・第3回「アクションタグ選手権」
・懇親会

0002

■コンテンツハブでできること

「コンテンツハブ」は、基本的には、NORENのデータと、外部DBやcsvのデータを連携するための機能です。
お客様の利用事例でも、データ連携にご利用されている例がほとんどです。
しかし!実は隠れた活用法がいろいろあるのです!
このセッションでは、NORENサポートセンターの小泉より、具体的な活用シーンに沿って、実現方法をご案内しました。
スクリプトの説明など、難しい部分もありましたが、みなさま真剣な様子で、画面や資料を確認されていました。
セッション終了後のアンケートでは、約半数(45%)の方が、「これを機にコンテンツハブの活用を検討する」とご回答くださいました。

714

■第3回「アクションタグ選手権」

今回は3回目の開催となり、複数社混合のチーム対抗戦で問題に挑戦していただきました。
出題・解説は、NORENサポートセンターの大久保が務めました。

初対面同士のお客様も多くいらっしゃいましたが、チーム内で互いに意見を交わしながら、和気あいあいとされている様子が印象的でした。
記述問題は、実際にNORENを使用してアクションタグを構築する難問ですが、限られた時間の中で協力して取り組んでいただきました。

優勝チームが作成したアクションタグは、回答例とほぼ同一の内容となっており、表彰式で皆様に優勝チームのアクションタグをご覧いただいた際は、大きな拍手が沸き起こっていました。
初めて参加された方や、未だアクションタグに不慣れな方からも、「面白かった」「次回の選手権で頑張りたい!」というお言葉をいただきました。

750

0006

709

0005

■懇親会

セッション終了後の懇親会では、アクションタグ選手権の結果発表と優勝チーム・MVPの表彰式を行いました。
今回のMVP受賞者は、前回大会(個人戦)で優勝された方でした!
次回、新たなMVPが誕生するのか、3冠達成で殿堂入りされるのか、非常に楽しみです。
懇親会終盤には、参加者全員で「じゃんけん大会」を行い、予想以上の盛り上がりの中、見事勝ち抜かれた方へ
ささやかな景品を進呈いたしました。

776

0045

795

0046

今後も、運用に合わせた機能の活用方法や、意外と知られていないTipsなど、
役立つ技術情報をご紹介いたしますので、次回も是非ご参加ください。

NORENに関する お申し込み・お問い合わせはこちら
資料請求・デモのご依頼など

ページトップへ

見やすさを
調整する