NORENで実現できること:活用例

NORENは、CMS内でいくつでもサイトを管理することができます。
その中でも特に代表的な4種類のサイトでの活用ケースをご紹介します。




コーポレートサイト
B E F O R E A F T E R
Webページ作成・変更のスキルを
   持った人材が社内におらず、外注
   コストがかかっている
スキルレベルに応じた豊富な入力
   支援機能で、ページ作成や更新を
   内製可能
チェック体制がなく、誤った情報が
   公開されてしまうことがある
    多段階承認フローで公開情報の
   事前チェック体制を実現
グローバル対応が出来ていない 言語別サイト構築や、同一サイト内
   で柔軟に言語切換え対応可能
   

商品・ブランドサイト
B E F O R E A F T E R
サイト来訪者に応じて、おすすめ
   コンテンツを表示したい
外部のWeb接客・マーケティング
   ツールと柔軟に連携し、おすすめ
   コンテンツやイベント表示を実現
基幹システムとWebサイトで、商品
   情報が二重管理となっている
    データ連携で基幹システムの製品
   情報をタイムリーにサイトへ掲載
CMS利用者が全ての情報にアクセス
   でき、意図しない更新や削除など
   ヒューマンエラーのリスクがある
情報カテゴリ毎に機能やアクセスを
   制限し、ヒューマンエラーを予防

グループ企業サイト
B E F O R E A F T E R
Webサイト毎に異なるCMSを使用し
   余計な維持コストがかかっている
一つのCMSで複数サイトを管理でき
   維持コストを圧縮
スマホで見てもPC用のデザイン
   のページが表示され、見づらい
    マルチデバイスに対応したデザイン
   でスマホにも最適表示
特定の日時にページ公開するには
   指定時間まで待機して作業をする
   必要があり運用者への負担が大きい
タイマー自動公開機能で、運用者の
   負担を解消

社内ポータルサイト
B E F O R E A F T E R
ページ毎にレイアウトや色使いが
   バラバラで、見づらく、使いづらい
テンプレート機能によりサイトの
   デザインを統一し、使いやすく
情報の一元管理ができておらず
   ページの更新漏れが発生
    共通部品機能とコンテンツの
   マルチユースによりサイトの
   情報を効率的に管理可能
部門毎にドキュメント管理方式が
   バラバラ、ファイルの保存場所や
   最新ファイルの場所が分かりにくい
更新履歴管理、保存先の指定、権限
   設定なども可能なドキュメント管理
   

NORENに関する お申し込み・お問い合わせはこちら
資料請求・デモのご依頼など