2016/06/16

キノトロープ CMSカンファレンス「CMSはマーケティングの夢を見るか?」

本セミナーは、終了いたしました。

~主要CMSが集結!各製品の活用法を徹底解説~

ユーザーニーズが多様化する中で、顧客一人ひとりと向き合うことが必要になった今、企業は、Webサイトをマーケティングツールとして機能させることが必須となっています。
旧来、Webサイトのコンテンツを管理するためのシステムであるCMSもマーケティング面での機能拡充や、他システムとの連携強化が進み、マーケティングプラットフォームとしての活用に注目が集まっています。
本セミナーでは、高機能化するCMS導入の心得のほか、主要な4製品(HeartCore、NOREN、Oracle WebCenter Sites、Drupal)の特長や機能、マーケティング活用の方法についてご紹介いたします。

開催概要

日時 2016年06月16日(木) 14:00~18:00 (受付開始 13:30~)
会場 ソラシティ カンファレンスセンター 2階sola city Hall WEST

東京都千代田区神田駿河台4-6 2階
 JR中央・総武線 「御茶ノ水駅」 聖橋口より徒歩1分
 東京メトロ千代田線 「新御茶ノ水駅」 B2出口直結
 東京メトロ丸ノ内線 「御茶ノ水駅」 出口1より徒歩4分
 都営地下鉄新宿線 「小川町駅」 B3出口より徒歩6分
定員 200名
対象 決裁権を持つWeb管理責任者、Webサイト運営に関わる企業担当者
主催 株式会社キノトロープ ※共催:株式会社のれん、株式会社ジゾン、日本オラクル株式会社
参加費 無料
申込期間 定員に達し次第、締め切らせていただきます。
注意事項 ・当セミナーは、企業でWebサイトの業務を担当されている方を対象としております。
・同業の方もしくは個人の方に関しましては、ご遠慮いただく場合がございます。
・講演内容や講演者などは、都合により予告なく変更する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

セミナー詳細

お申込み画面へ
14:00~14:35
株式会社キノトロープ
代表取締役社長
生田 昌弘氏

第1セッション

CMSはどこへ行く? ~高機能化するCMS導入の心得~
コンテンツの管理やマーケティングの機能は強化されても、コンテンツそのものを作ること、それをユーザーニーズ毎に分解して整理することは、ツールがやってくれるわけではありません。ツールはバージョンアップごとに使いやすく高機能になります。しかし、それを使う人は、それに対応できるほど高機能化しているのでしょうか?
本セッションでは、ユーザーのことを忘れて、導入することが目的になってしまわないための「CMS導入の心得」についてお伝えします。
14:35~15:05
株式会社ジゾン
製品戦略本部 本部長
神野 純孝氏

第2セッション

これからの時代のWEBマーケティングと顧客経験管理方法
WEBマーケティングを行なう上で、避けて通れない顧客経験管理(カスタマーエクスペリエンスマネージメント)を利用してのマーケティング手法を、アメリカと日本の事例を交えて、どのように行っていくのかをご紹介します。また、カスタマーエクスペリエンスを行なう上での注意点や、大きな5つのミスを無くす方法についてお話をするとともに、最新の技術動向のご紹介、また管理を行う上でのツールのご紹介をさせていただきます。
15:05~15:35
株式会社のれん
NORENエバンジェリスト
八木 康介

第3セッション

自社サイトで成果をあげる!ツールの選び方と「NOREN」の可能性
ここ数年で非常に多くのCMSやマーケティング製品・サービスが登場し、利用者の選択肢が飛躍的に増えました。その反面、「CMSを導入済みの企業の半数以上がCMSの入れ替えをご検討中」というアンケートデータに裏付けられるとおり、導入してからその使い勝手に戸惑われるケースも多いのが実情です。
それでは、どのようにツールを選定すればよいのでしょうか。本セッションでは、“後悔しないCMS選びのポイント”として運用タイプ別にCMSに必要な機能や見落とされがちな観点をご紹介すると共に、レコメンドやMAなどのマーケティング機能との連携について、事例を交えてご紹介します。
15:35~15:45
休憩
15:45~16:15
日本オラクル株式会社
FM事業統括本部 WebCenterソリューション部 部長
渡邊 紳二氏

第4セッション

社内外のサイトをサクッと作成、
クラウド型デジタルコラボレーションの全貌
ついにリリースされるクラウドファイル共有サービスアプローチのCMS「Oracle Sites Cloud Service」とJava Cloud Service上で動作する最新の「WebCenter Sites 12c」を紹介します。価格と用途に応じて使い分けが出来る製品群の特長と今後のデジタルマーケティング製品戦略をデモを交えてご紹介します。
16:15~16:45
株式会社キノトロープ
プロジェクトマネージャー
石原 強氏

第5セッション

オープンソースCMSのメリット・デメリット
世界中の著名な企業で次々と乗り換えが進んでいるオープンソースCMS。ライセンス費が掛からないため、魅力的なツールに見えますが、特長や機能をしっかり把握しておかなければ、上手く活用できず「こんなはずじゃなかった」と後悔する結果になってしまいます。そこで、オープンソースCMSの中で、アメリカ・ホワイトハウスやNASAなど海外サイトで豊富な実績があり、今後さらなる普及が見込まれている「Drupal」を例に、オープンソースCMSを導入する上でのメリットとデメリットについて、ご紹介します。
16:50~17:30
個別相談会
お申込み画面へ

NORENに関する お申し込み・お問い合わせはこちら
資料請求・デモのご依頼など

ページトップへ